気分が落ち込んで死にたくなったら.アスペな私.

スポンサーリンク



気分が落ち込んで,八方塞がりのときってありますよね.


そういう時はもれなく,興奮して働かない頭で必死に最悪のプランを組み立てます
まず,どんな状態のときに気分が落ち込んで,場合によっては死にたくなるか考えましょう.
私の場合,気分が落ち込んで,わけが分からないほど考え込む時は決まって一人でいるときです.
それも自室です.リビングではありません.
皆さんも,訳が分からなくなるほど落ち込み,もう何もしたくない,死にたいと思うときの状況を思い出してください.

うつ状態になるトリガーが見えてきませんか?例えば、母と顔を合わせれば必ず鬱傾向になる、幼少の頃のトラウマで父がいるだけで気疲れをし、一人になるとしんどくなる等です。
私は、多分完璧主義者であり見栄っ張りなので人前で辛い態度はおくびにも出しません。
勿論、疲れた、しんどい、愚痴ったりはしますけど、もう辛くて辛くて死にたいの。とは、どれだけ思ってても言いません。
性格が捻くれているからなのか、そう言ったことを言ってしまうと自分が相手に対して敗北した気分になるので、どれだけ辛くても平気な顔してのんびりしてます。

スポンサーリンク


私の高校の時の友達がよく、成績も良くないのに毎日楽しそうに生活しててむかつくと言っていました。また他の友人からも悩み事がなさそう、毎日が楽しそうだねと言われます。もともとの性格が元来自己中で楽観的であるので、そのように見えますが、一人になった時に急に疲れが押し寄せてきて、うまくいかない時であれば、頭が壊れそうなくらい色々なことを考えます。ですので、私自室にて一人でくつろいでいる時が一番危ういです。

また、自室でくつろいでいる時に幸福状態か最悪状態かの0、1なので、思考が爆発しそうになればI.Qテスト、知能テストをします。(ノルウェーメンサの問題とかやると超頭が冴えます)
気分が落ち込んでいる時の思考は、確実に精度が悪く、集中力も皆無なので思考があちらこちらに分散します。
そして、考えがまとまらないので、脳は頑張ってフル稼働をするのですが、何せ精度が悪いのでただただ体力を消耗します。

壊れかけの車のエンジンを必死でふかしている状態です。


非常に良くないですし、頭の中がバラバラで点と点が結びついて線にならないので非常に気持ちが悪いです。




そういった時にオススメするのが、簡単な図形問題や知能テストです。
知能テストといっても、問題に提示されている複数の図解から法則性を見つけ出し、空欄を埋めるといったものです。
幼い頃から単純な物事の法則性や、行列問題が大好きで、法則性を導き出せると頭がすっきりしました。
今でも、謎解き、数学パズル?知能テストを行うと思考がかなりクリアになります。
なので、皆さんも落ち込んだ時、思考がぐちゃぐちゃになった時用のために自分の頭がすっきりするものを何か一つ見つけるとだいぶん楽です。

私は指遊びなんかも結構好きです。
あやとりとかもいいかもしれません。折り紙は手先が不器用なのでなんとも言えませんが、イライラしだすと折り紙を折るのも、頭を冴えさせるのにいいでしょう。
この時に大切なことは,ただの一時しのぎではなくて,問題の解決に結びつくことをしているという点です.

よく,辛くなったりしんどくなったら,甘いものを食べてリセットするという方がいますが,これはただの現実逃避や一時しのぎなので余りおすすめできません.
また,諦めてお風呂に入って寝てしまうのも一手ですが,問題が先送りされたり,現実逃避に走ってしまうので(私の場合は特にそうです),これも余りおすすめしません.
それよりも,バラバラの思考を結び付けられるような方法を探しましょう.
私は,パズルや,簡単な図形問題,ルービックキューブ,知能テストがおすすめです.
ルービックキューブも解放やパターンを発見しながらといていくと,頭が冴えてきて,またとける喜びに気分が上がるので,結構おすすめです.
おすすめのルービックキューブは完成攻略書付きのこちらです.

アインシュタイン式論理脳パズルも面白いです.
かなりハマって,熱中してます.

最後に,頭と感情をリフレッシュするのに使えるあやとりの紐付き(大・小2つ)解説ブックもおすすめです.

これは全ての技法の解説に写真がついているので,めんどくさくないです.
小さい向け用のパッケージですが,内容は大人でも十分楽しめます.
技によっては,子供では難しいものも多数含まれていますが,写真付きなので子供でも挑戦できるかもしれませんね.まあ,私は大人で使いますが…

スポンサーリンク





0 件のコメント :

コメントを投稿