英語の勉強の為に和英記事を作ります.短期海外インターンのグロキャン.

スポンサーリンク

英語勉強の必要性に駆られながら,今まで何もしてこなかったつけが回ってきました.

英語って,ただの言語ですから,ただの言語を勉強するのって嫌なんですよね.

数学とか物理なら,やって損ないじゃないですか.
機械学習,AIの実装には数学と物理は不可欠です.また,全ての考え方の基礎は数学から成り立っています(少なくとも私はそう思っています).
人間の意思や考え方を,数式におとしてpcに学習させることが出来るんですよ.
数式一つでバラのように世界に可能性が満ちます.
言語なんて,google翻訳使えばいいじゃん.必要ないじゃんと思ってました.
が,この考え,10年早かった.
英語勉強に時間を割くなんて馬鹿らしい,言語の勉強に時間を費やすなんて馬鹿じゃないのと思っていました.
正直,今も思っています.
翻訳機有るんだから,英語勉強するなら各国共通の数学勉強しろよと.
国によって変わる言語よりも,有用性の汎用性の高い数学をやれよと.
でも悲しいかな,英語がわからないと世界の最先端の記事が読めない!unityのゲーム開発のツールだって英語!学会の記事投稿だって英語のが評価高い!

そう!世界は英語基準で回ってる.

馬鹿らしいですが,英語が出来ないと回ってこないチャンスや,チャンスに気づく機会すら与えられないのです.
というわけで,このブログを日英ブログにします.
日本語で書きたいことを書いて,ブログを収益化することが私の目的ですが,これに+αをして,英語の記事を載せると自分の勉強にもなりますし,日本語を勉強している外国人にも良いと思うのですね.
面倒くささや,自分のバカさを露呈して余りメリットはなさそうですが,英語の勉強の為にも記事を英語化します.

というよりも,ただの言語の勉強に参考書とにらめっこしながら何時間も机に向かって勉強なんて,モチベーションも上がらなけりゃ,一人でやるのに退屈.
ブログで拙い英語文を書いて,顔も知らない世界の少数の人にブログを発信する方がまだモチベが上がるでしょう.
めんどくさいですが,がんばります.
要は,英語(言語)勉強のみでは,メリットを感じられないので付加価値をつけたということです.
スポンサーリンク

で,この付加価値をつけながら,留学をするのにおすすめなのがこのグロキャンです.
なんて言ったって,一週間でインターンシップと軽い留学が出来ます.
海外で働きたい学生,海外で働きたいと思っているフリーター,これはチャンスですよ.
一週間で海外のインターンに参加できます.


一週間でインターン!?本当に!?
と目から鱗でした.
というのも,私は研究や仕事,バイトに忙しく,短期留学をしたかったのですが出来ません.

一ヶ月も留学をしていたら,仕事はクビになりますし研究では大きなブランクとなります.

そう,英語だけを学びに留学に行くのにはリスクが多すぎる.
目的+英語のために留学をするのが一番効率が良いです.
言語のためだけに留学するなんて時間とお金が勿体無い.と思ってたら,グロキャンを発見しました.
ホームページを拝見させてもらいましたが,一週間でベトナムにいってビジネスについて学びながら働くといったものです.
何が良いかというと,一週間の留学兼インターンが出来る,就活の話のネタになる,履歴書にかけるという点です.
それから,学生の内に起業を考る,または普通にサラリーマンをする気のない人にとっては一週間の気晴らしはとてもいいものになるかと思います.
一週間でビジネスが学べるとホームページには書いてありますが,そんなことは決してないとおもいます.
が,日本に留まって視野の狭いままであるより,学生の内にちょっとした冒険をするのも良いと思います.
なんせ一週間だけですし.
バイトであれば休むのも簡単でしょう.
私は,社会人としても働いているので,社員になれば休みが全然取れなくなるし,研究もしなければいけないので時間が全くありません.
時間のある学生の内に短期留学,短期インターンに行っていたほうが良いです.
働き出せばインターンにはまず行く機会はありませんし,学生の特権は使うべきです.

また話は変わりまして,大企業に勤めて一つの会社に就くという時代は既に終わりました.
また,今ある仕事も後10年後には確実に消えているでしょう.
私達世代の働き方は,変革を遂げているのではないでしょうか.
自分で考えて起業をし,自分で仕事を取るフリーランスの時代が来ると私は思っています.
学歴よりも実力の時代がすぐそこに迫ってきている気がします.
今後,どのように動いて自分が生き残れるかが大切ですね.
余談でしたが,一週間の海外インターンはおすすめです.


スポンサーリンク

ブログランキング・にほんブログ村へ
アイデア・発明ランキング

0 件のコメント :

コメントを投稿