fxで大金を失って大損した話.人生変わりました.

スポンサーリンク


fxで大金を失って,極貧生活に陥った経緯についてお話します

まず,筆者は学生で頑張って貯めた400万を軍資金にfxをはじめました.
はじめは,ヒロセ通商を使用して30万の軍資金で始めました.
初心者でしたし,貯金もそこそこあったので余裕をかまして勉強をせずにfx
を初めたことが間違いでした.
また,典型的によくある自分の全ての貯金を溶かすという失態をしてしまいました.
これに懲りて現在はfxに一切手を出しておりませんが,どうしてこのような事態になってしまったのかについて原因を分析したいと思います.

初めは好調だったビギナーズラックに騙された.

国内のヒロセ通商を使っていたのもあって,2万から3万の利益を一日で出していました.
国内のfx業者は証拠金が高く,かけられるレバレッジも最大25倍ほどでしたので少ないロット数で通貨を購入し,大きく負ける前に約定をしたことが勝因でした.
よく言う,損小利大を地で出来ていたので,手堅く稼いでいました.
余談ですが,国内のfx業者ではヒロセ通商が一番です.
なぜ,ヒロセが一番かというと,

  • オリコン満足度3年連続第一位
  • スキャルピング(超短期売買)を公認している
  • 食品プレゼントキャンペーンを常時開催
しているからです.
ですが,朝方のスプレッドの謎のひらき方に疑問が有るので私はヒロセはあまりおすすめできません.
通貨の大暴落時にヒロセの口座だけロスカットをくらい,他の業者の口座はセーフだったなんて話もザラに有るのであまりおすすめはしません.

ですが,1000ロットから通貨を購入できるので,1000ロットでも手数料が一切かからないヒロセは初心者が始めるのに一番のfx業者です.
初心者が無理をして1万ロットから始めると,痛い目を見て自分を呪う羽目になるので少額ロットから初めて下さい.
勝ち始めてからロット数を増やすようにして下さい.

話を戻しまして,ビギナーズラックは一週間ほど続き,調子に乗り果てました.

正直,ぼろいなと.

一日2万くらい儲かっていたので,働く必要ねえなと.
もうバイトと仕事辞めてやろうかと.
ついでに大学院の進学も適当にやって,卒業後は働かずにfxトレーダーにもなろうかと学業にも手を抜き出しました.
しかし,人生そんなに甘くない.
計10万を稼いで慢心した筆者は,トルコリラのスワップ生活に目をつけました.
貯金は400万ほどあったので,お小遣い程度の金利を毎月いただくのには十分でした.
エルドアン大統領とトランプさんが揉めて,リラが大暴落する以前の話です.)
その当時はリラも下げ止まり,横ばいでしたのでここが底だと思いリラを大量買いしました.
証拠金が90万円くらいでしたでしょうか?
何ロットを買ったかは覚えていませんが,当時の口座資金を全てリラに注ぎ込みました.
後は皆さんお分かりですね.
リラの緩やかな下落(大暴落の前にロスカット食らってます)とともに,私はロスカットを喰らいました.
たしか,リラを購入して丸一日後のロスカットでした.
失った金額は80万円.
学生の私にとっては胃が痛くなる金額でした.
心の中で,エルドアンのクソボケがーーーーーと呪いました.
ロスカットをくらった時はバイト中でしたので,一瞬にして消えていってしまったお金に対して呆然としていました.ま,ここで止めておけば,良かったんですけどね.

本当の地獄はここからでした.

恐ろしや,トルコリラ.
というわけで,もう絶対にリラには手を出さないと決めて,まだ320万円の資金に余裕がありましたので,このお金を元手に一発逆転をしてやろうと企てました.
リラのせいでボロ負けしたヒロセ通商のサイトはもう見たくもなかったので,海外fx業者を探してハイレバで再起を図ることにしました.

スポンサーリンク


余談ですが,私が利用した海外業者はiforexとxmです.
海外のfxといえば,iforexかxmを使っている方が大半で,この2つの業者だけは怪しい詐欺まがいのfx業者と違います.
どちらもよく使いましたが,サポート体制もしっかりしており,200万以上の利益を出して,80万円を出金したときも出金拒否はなかったです.
海外業者で絶対に安心してfxをやりたいという方には,iforexかxmが断然のおすすめです.
iforexは,海外でもかなりの老舗のfx業者で,老舗ブランドを掲げていますし,xmは今海外で一番人気のfx業者で,公式のツールで通貨の購入を行うので詐欺まがいの行為,トラブルは全く出来ませんし,聞きません.
安全にfxをしようと思う方,国内から海外fxに変える方は,絶対にiforexかxmから初めたほうが良いです.
というよりも,iforexとxm以外に手を出さない方が懸命です.
この2つは私も使用していましたし,他の使用していらっしゃる方のブログも調べ尽くしましたが,トラブルは一切聞きません.
この2つ以外のfx業者については,責任が持てないので自己責任でお願いします(といっていますが,本当にどちらか2つあるいは2つともに登録をしておいて気に入ったほうを使うことをおすすめします.)

軽く説明をしますと,iforexは海外業者の中では低レバレッジ(最大400倍)で,かつクレジットカード振込のみ対応の業者です.
注意してほしいところは,jcbカードは一切対応できませんので他のクレジットカードを使わないといけません.
iforexは自社の通貨ツール・アプリでのみ,通貨を購入できます.
言い換えれば,自社のアプリを使って通貨を購入するタイプは不正が横行しやすいです.
iforexは老舗のfx業者ですが,自社アプリを使ってfxをしなければならない点では少し危険だと思った方が良いです.
なぜ危険かといいますと,通貨がある値段になれば損切り,利確を自動的に行う指値注文または,その逆の逆指値注文という注文の仕方があります.

ここが罠なのですが,指値注文を行った際に,タイムラグ(例えば,サブプライムショックなどによって急激に通貨の価値が落ちたり上がったりすることによって生じる)によって自分の指値とかなりずれた時点で約定されることがあります.
損切のタイミングが少しでも遅れたために,10万,ハイレバであれば100万等の損はザラに有るわけです.

このタイムラグや指値のずらしは自社アプリであれば簡単にちょろまかすことが出来ます.

なので,私は自社アプリを使っている業者を好みません.
その分,xmはMetaTraderを使っています(自社ツールではありません).
このMeta Traderとは,外国為替証拠金取引投資家が利用する電子取引プラットフォームですMetaQuotes Softwareによって開発され2005年にリリースされたもので,海外のfx業者の多くはこのツールを使っています.
また,このMetatraderはオープンソース化されているので,プログラムの中身を誰でも見ることが出来ますし,なんなら自動売買ツールを作るためにいじることも出来ます.
世界のプログラマー兼,投資家こぞって使っているツールなので不正やおべんちゃらは一切ありません.
このMT(MetaTrader)5を使っている業者がxmです.
xmはハイレバ,最大888倍ものレバレッジをかけることができ,またjcbカードの対応がokな業者です.
jcbカードは審査が厳しく,海外業者の全部と言っていいほどjcbカードを使うことが出来ません.
ですが,xmはjcbカードを使うことが出来ます.
言い換えれば,かなりきちんとした会社で有ることが分かります.
余談ですが,クレジットカード決済の使えない会社は辞めておいたほうが良いです.(fxに限らずグレーゾーンの違法まがいのことをしている会社は十中八九クレジットカード決済を取りやめていますから.)
また,xmは初回に口座登録をするだけで3000円が貰えますから,その3000円でfxを体験することが出来ます.
国内で口座開設をして3000円プレゼントの業者なんて無いので,開設するならば海外の方が断然お得です.
xmならば詐欺まがいの行為は一切ないので安心です.
また合わなかったり,向いていなければ3000円だけで辞めておいて下さい.(初回の3000円だけで辞めておけば,あなたの損失は0です.)
間違えても,この3000円で自分は向いていないと分かっていても続けてしまえば,私のように大損をすることになります.
素人の私も利益が+200万まではいくことが出来ました.
この時に調子にのって,更に危ないかけに出て400万の損失を生み出しました.
ですので,初回に才能があると思った方は,ある程度の利益が出たらfxから退場して下さい.
それが一番の得策だと思います.
口座開設はこちらからすると,3000円が貰えます.


で,また話を戻しまして,

損失400万を出した経緯について軽くサラッと書きます.

リラで80万の損失.
その後,イギリスのEU離脱騒動に乗じて,300万ほど儲ける(純利益は200万ほど).
この時にfxを辞めておけば良かった.
この時に辞めておけば,私の銀行口座には600万ほどの貯金が出来たでしょう.
今はfxで貯金をすべて使い果たしてしまったので,ほぼ0です.
ああ,本当に後悔
また,私の一番の敗因は,儲かったお金を次の通貨購入の資金にしてしまって,出金を殆どしなかったことです.

出金をしてさえいれば,プラスで終わることも出来たと思いますが,ギャンブル感覚で大金をかけるのに熱中してしまいました.(大馬鹿者です)

その後,儲けたお金をドル円に投資しまして,ドル高にかけました.
ドル高にいくであろう読みは当たったんですが,私がドル高にかけた時は一時(一瞬)の円高の日でして,一日で1円の円高に落ちました.
読みがハズレたことがこれまでになかったものですから,損切りも出来ず,焦りまくって,資金を追加しまくりました.また,違う銘柄でプラスを出せば損失もプラスに変わるだろうと思い,ドル円の利確をしていないのにもかかわらず,ほかの通貨(勝ちそうなもの)を大量に購入しました.
焦ってパニックを起こした私は,その後ドル円,他の通貨のロスカットにあい(読みがことごとく外れた),損失を200万も出しました.
その後,ドル円は私の予想通りにドル高に上がり,訳のわからないことをした私は更に焦り.訳のわからないことを繰り返しだします.
一日で利益が+200万から−200万への早変わりです.
これに自身をなくした私は,短期間の内にあれよあれよと更に−200万の損失を出し,合計400万の損失において,資金がなくなったためにfxを退場しました.


はい.ここで反省会.


私の一番の敗因は,焦って正しい判断ができなくなったからです.
これ以上の何者でもないです.

この,私の悲惨な体験を聞いても,自分はfxで一山稼いでやるという方は,ハイレバ(888倍)の初回3000円プレゼントのxmで力試ししてくださいな.
うまくいったら,ここのブログでコメントでもしてくださいな.
大いに,祝福と妬みのコメントを返しますよ.


ブログランキング・にほんブログ村へ
アイデア・発明ランキング

0 件のコメント :

コメントを投稿