台風,大雨,雪などで被害にあった家に保険を適応する方法.火災保険に入っていれば殆ど申請はおります.

スポンサーリンク



台風で,床下浸水,瓦の屋根が壊れてしまったり,床が抜けてしまって困っている方へ.
とても大変なことだと思います.
苦労して買ったお家,思い出も沢山有りますし,家に愛着もあります.
何より,まだローンが残っている場合はやりきれないですよね.

ですが,火災保険でお金がおりてくる可能性が大ですので,この記事を参考にして,ぜひ保険で家を修復してください.

そのための保険です.


まず,現在、火災保険の加入物件は全体の約8、9割ほどと言われていますが、火災保険金は火災が起きた場合にしか下りないと思っている方が非常に多いです。

しかし,火災保険は火事以外の台風、大雨、雪などの自然災害による被害にも適用できます.


また,台風や大雪などで目に見えにくい微小な被害でも火災保険の適応がなされる場合が非常に多いです.
火災保険は自動車保険などと違って,一度保険を申請しても月々の追加料金は一切かかりません.
なので,少しでもお家に被害があった場合は迷わず,火災保険の適応申請をしてください
マンションや不動産の経営をなされている方も,火災保険の適応申請は出来ますので,していない方はしたほうが絶対にお得です.


それでは,保険申請までの手順をご紹介します.
まず,火災保険の申請を個人でする場合と,業者に委託する場合の2つに分けられます.
圧倒的に業者に委託するほうが,申請も通りやすくめんどくさくないので,私は業者委託をおすすめします.

<火災保険を個人で申請する方法>
1.被災箇所を探す為に、ハシゴなどを使って屋根に登って調査をする
2.傷が被災によるものか経年劣化によるものかの判別が必要
3.被災箇所を適切な角度で写真撮影する必要がある
4.申請可能な箇所は全て申請をする
5.被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定する
6.被害に見合った適切な額の見積書を作成する
7.保険会社・鑑定人とのやり取りを正確に行う

この上記7点を満たし,被害に見合った適切な額の見積書をもって,保険会社とアポイントを取れば申請はおります.

ですが,私はあまりおすすめしません.
なぜおすすめしないかというと,上記7点の課題がある火災保険を個人で申請するのは非常に困難で、申請できたとしてもフロー内で曖昧・適切でないポイントがあると、申請が却下されてしまったり、本来支払われるべき保険金が減額されてしまいます.

ですので,被害の無料見積もりをしてくれるお家の保険相談センターに業務委託することをおすすめします.

お家の保険相談センターの利用の流れは以下のようになっています.

サービスの流れ

①お客様が無料調査を申し込みされる  
②担当からお客様にご連絡させていただき、お客様がお持ちの物件が調査対象かどうかを確認の上、お伺い日程を決める 
③担当がお客様のお家に実地調査に伺う(1時間〜1時間半)・お家を点検させていただき、保険金が受け取れる可能性のある箇所がある場合のみお客様に保険申請を行っていただきます。・お客様の保険金が実際に下りた場合のみ、成果報酬として下りた保険金の39.8%をお支払いただくか、その費用を使って被害箇所を修繕するかをお選びいただきます。 
★お客様から持ち出しで費用をいただくことは一切ございません。・保険申請可能な箇所が無かった場合は、そのまま終了となります。(その場合、お客様から費用は一切いただきません。) 
④(弊社が)保険会社への提出書類&修理費用のお見積もり作成を行う 
⑤保険会社の現地立会い調査 
⑥保険会社から通知があり、お客様口座に保険金入金

この業者の何がお得かというと,保険金が下りない場合に一切のお金がかからないことです.
つまり,保険不適応となった場合,こちら側には何の損も出ません.
保険適応となれば,成果報酬で一部持っていかれますが,面倒な手続きは一切業者がやってくれます.
ほったらかしや,何もしないでやり過ごしてしまえばとてももったいないので,業者を使って保険申請をしてください.
不動産経営をしているひとでも,火災保険に入っていれば適応できますので,一度お家の保険相談センターに相談してみてください.




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿