通学定期区間内なら,交通費が出ないってくそだな.癪なので交渉してみた.

スポンサーリンク


はい.プーさんです.

私は学生もしつつ,正社員で働いても要るのですが,通学定期区間は交通費が出ません

普通は,正社員なら通勤区間は交通費が出ると思うのですが,出ません.

きっと,出来たての会社なのでそういう所をケチっているのでしょう.

皆さんが,就職の際に大手企業に就職したがる理由が分かりました.

大手企業は,従業員の待遇がしっかりしており,中小,ベンチャーにいくにつれて,給料も悪く,待遇も悪いんですね.

おちゃらけた大学生でしたが,やっと社会の辛さを学びました.

給料は悪く,待遇も悪く,上からこき使われる社会人生活を身をもって知りました.

社会人って本当に糞だなと思いました.(有給を勝手に消費させられていたり,交通費の申請方法の説明がされておらず,交通費が約3ヶ月分振り込まれないことにかなりの怒りを覚えています.)

上司の対応にかなりイラッとしたので,通学定期は通勤交通費に含んでも良いものかと調べましたところ,含んではいけません!とのこと.

これ,当たり前ですよね.

通学定期を通勤に適応するのって原則アウトです.


正直勝った!!と思いました.

ですが,私の働いている会社は領収書がないと交通費が出ないんです.

私はバイトから社員に繰り上がって入社したんですが,交通費の件を誰からも聞いておらず,領収書が要るなんて知らずに領収書を取っていませんでした.

その期間約3ヶ月,この分の交通費がどうなるか聞いてみたところ,領収書がないので交通費は出ないとのことでした.

糞がーーーーーーーー.


交通費について説明をされていなかったから,領収書をとっていない(会社用のイコカを使って履歴を出して初めて交通費がもらえる)のだからそちら側の落ち度だろと思いました.

が,これが甘ちゃん学生.社会を知らない学生だったんですね.

自分で交通費について聞かなかったのが悪かった.また,給料明細をきっちり見ていないのも悪かった.

全ては,自分の落ち度です.管理がずさんでした.


と,書きましたが,本音を言いますと,

こんな会社無くなれ,糞がーーーーー


大学院を卒業したら絶対に,こんな中流企業なんかやめてやるからな,見てろよ

絶対に待遇の良い大企業に入るか,起業するわボケ!!

会社倒産しろ!(これは言いすぎました.嘘です.)

と敗者の遠吠えをしています.


本当にまじで,大人がちゃんと勉強して大企業に入りなさいと口うるさく言う理由が分かりました.待遇がきちんとなされないのは,金銭面よりも自分を大切にしてくれないやりきれなさ,しょせん,会社にはたいして必要のない人材なのだと思い知らされる事による精神的ダメージが大きいです.

自分は大したことのない人間,いてもいなくてもそんなに変わらない人間だとは常々思っていましたが,再認識させられました.

学生の内にお金をためて起業しようと心底思いました.

会社に使われるだけ使われるのって糞だなと思いました.

これがゆとりの考え方なのかもしれませんが…

最後に,

糞がーーーーーーーーーーー!!!!



スポンサーリンク


とまあ,愚痴をかなり書いたんですが,通勤区間の半額でもいいので出してくれませんか?と交渉をしてみたところ,考えます.とのことでした.

交渉のコツは,ひたすら,相手の言っていることに同意します.

同意しながら,ちょこちょこ反発します.

まず,私の場合は,

私:通学定期区間ですが,通勤にも使っているので,正規料金の半分でも良いので交通費として出していただけませんか?

上司:いやいや,通学定期は安いし,通学じゃなくて通勤につかってるんでしょ?その他色々と認められない理由を連発で送信.

私:(なんかめんどくせーなと思い)無言.

上司:そもそも領収書無いと交通費出せないし.(この時点で少し落ち着いてきた)

私:ですよね.無理ですよね.(諦め感を出す.実際に諦める気はサラサラなし.相手が落ち着いてきたのを見計らう.)

上司:(あっさり引き下がられて拍子抜け&なんとかしてやろうかという気持ちが出てくる)定期の期限はいつ?とりあえず,今の分は上に言ってみる.次に通学定期を買うときの領収書があれば多分出せるから.

私:(とりあえずやった!!)本当にありがとうございます!!(この感謝は重要,相手に優越感を与える

みたいな感じです.

下手に出ながら,次の交通費はゲットしました.(今回の分はどうなるかわかりませんが…)

皆さんも,すぐに分かりました.といって引き下がるのではなくて,相手の勢いが収まってから,再度なんとかならないかと訪ねてみましょう.

また,違う上司にも掛け合って,交通費をもぎ取りましょう.

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿