子供の為に離婚するか離婚しないか迷っているお母さんへ.父子家庭で育ちました.

スポンサーリンク

子供の為に離婚するかしないか迷っているお母さん.

旦那さんと決定的に合わない.家庭では,口も聞かない.それなのに,喧嘩が絶えない.そんな中で我慢していませんか?
私は,そんな家庭の中で生まれた子供でした.
幸いにも両親は,私のことを大変愛してくれて,大切に育ててくれました.
子供思いの良い父と母だったのに,夫婦でいるといつも最悪でした.
私の両親は離婚をして,私は父に引き取られましたが,いつになっても喧嘩の風景は頭の中を離れられません.
小学生から中学生の頃の私は,両親が喧嘩するだろうなというポイントが分かりましたので,その火種を取ろうとしたり,できるだけ円滑に夫婦仲が進行するようにいつも立ち回っていました.
が,皆さんお察しの通り,この作戦は,微塵もうまくいきませんでした笑

喧嘩する夫婦というものは,喧嘩のもとがなくても喧嘩するんですよ.


もう修復不可能なほどに憎み合っているのだから,何をしようと改善されることはありません.

それでも,当時の私はそれが全くわからなかったので,両親の間で板挟みされ,とても辛かったです.(自分で空回ってただけかもしれませんが笑)
完全に,機能不全家族です.
それなのに,休日は家族揃って食事をするものだから,私はいつ喧嘩がおこるかヒヤヒヤしていました.
特に,怒り出す前の父の顔が怖くて今でも忘れられません.

話がそれましたが,離婚するかしないか迷ってるお母さん,経済的に自立しているなら,すぐに離婚してください.

もう一回言います.離婚しましょう.
経済的に自立していない方は,自立できる基盤をいまから早く作りましょう.
ある程度子供が大きくなっているのだったら,宿直のバイトを掛け持ちして,毎日休まずに働けば,手取り27〜32くらいになります.宿直は夜の時間なので,ある程度子供との時間が取れますし,家事も出来ますよ!
実は私も宿直のバイトをしたことがあるのですが,寝れてお給料がもらえてかなりいいですよ!
また,家事代行の仕事もおすすめです.
家事代行であれば,短時間で高収入を狙えます.

家事代行で最もおすすめするのは,パソナライフケアです.
この会社をなぜ押すかといいますと,パソナは働く女性を応援します.
主に,女性の働き方,社会進出を手助けするために会社を作りましたので,女性に寛大です.

子供がいる母親への理解も十分にあり,他の会社を選ぶよりも断然良いです.
また,東証第一部を上場しているので先行きも安泰です.安心安全の大手で,子供のことを考えるならば,断然この企業をおすすめします.
たとえどれだけ時給が高かろうが,子供がいる母親のことを理解してくれない企業では長く安定して働くことは出来ません.
パソナは本当に働く女性をバックアップしてくれます.
下記にリンクを貼ってますので,詳しい条件等を確認してみてください.



私は,両親が離婚をして,大好きな母とも別れて(捨てられたのか…?)当時は顔を見るのも怖い大嫌いな父(今は大好きです.父には何から何まで本当に感謝しています)との生活が始まりましたが,暗くて,鬱屈した家庭から抜け出すことが出来て,少し幸せでした.

お母さん,お父さんが辛いとおもっていたら子供も辛いのです.
いや,子供のほうが大人より感受性も優れていて,数十倍つらいです.
ということで,この記事の結論は,自立できる基盤を意地でも作って離婚しろ!でした.
離婚した後,私は幸せでしたが,私は母に捨てられたんじゃないか…という思いもなきにしもあらずでしたので,離婚して子供と離れる方はきちんと子供を愛していること,子供のせいではなくて,自分たちが諸々の理由で離婚に至ったときちんと説明してあげてください.
そうすれば,離れていった親の方の幸せも願えます.

私は,長年両親の不仲をみて,母が不幸の中にとどまらず,幸せに向かって扉を開けているところだと思いましたので,寂しく,悲しかったですが,その思いは捨てて,笑って母の門出を押しました.(内心はボロ泣きですよ.)

ずっと,両親から愛されて育った子であれば,自分のことは二の次で両親の幸せを願います.それが捨てられることであっても,笑って幸せへの道に力を押します.


これは,絶対です.
新しい道を切り開いていってください.子供にとっては,親が泣いていることが一番辛いんですよ…
親が幸せなら,自分が泣こうが嬉しいんですよ.
勇気を振り絞って,茨の道ですが,だいーぶ歩いていけばその先にお花畑があるかもしれないんで,進んでください.
ちなみに,何があっても自己責任でお願いします…
男でも女でも関係なく,子供を必死の形相で守って育てて生きていく覚悟のある方は,離婚をおすすめします.

スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿