大学生は人生の夏休みでは無い。思ったよりも忙しいのである。

スポンサーリンク

大学生って暇なんじゃないの!?
いいえ、決して暇ではありません。
特に理系は鬼畜です。(私は文理融合学部に属しているのですが…笑)
 ということで、大学生になると何が忙しいかを書いて参りたいと思います。

大学の実習には予習が必須である
私自身コンピュータ学部に所属しているので、実習は必然的にあります。
たぶん、文学部や経済学部、法学部には実習というものが無いですね。
ですが、理系にいくと必ず実習というものがありまして、私の学部では実習が週に2回あります。
この実習には予習がつきもので、これやらないと授業に追いつけません。

授業終わりに課題を出さないといけない。
これが一番きついのですが、毎回の授業終わりに課題を出さないといけないのですね。
予習をしていないと課題ができません。
できなければ単位はありません。

毎回宿題がある(教科による)
毎回宿題があるとか普通だろ。何いってんだ、と思われた方もいるでしょうが、一つ一つ求められる質が高校の時と比べものになりません。
高校の時は答えが一つでしたが、大学に行くとそんな問題は出ません。
自分の頭で考えて、思考錯誤をしなければいけない宿題が課されます。
また、語学には毎回小テストがあります。
私の大学では、第二外国語を含めて、週4回授業があるのでもうあり得ないぐらい忙しいですね。
スポンサーリンク

バイトをして学費、免許費用等を稼がなきゃならない
私の場合なんですが、4年目の大学費用は自分で払うと決めています。
また、今春の自動車免許に向けてのお金も稼がなきゃならないです。
予習と宿題でいっぱいいっぱいなのですが、バイトもしなければなりません泣。
交通費が4年間で100万円もかかるのですよ…

周りの大学生の質が高い
私は関関同立に通っていて、そんなには賢く無いですが、それでもやはり周りの友達は賢いです。
周りの質が高ければ自ずと求められる水準も高くなります。
東京大学なんてどうなってるんだろう?と個人的に疑問に思います。

結論
大学生は忙しいです。
もちろん、暇な大学生も沢山います。
ですが、上記のことを完璧にこなしている忙しい大学生もいます。
大学生だからって暇だと決めつけないでくださいね。
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿