人に頼らないように心がけよう!それによるメリットとは…

スポンサーリンク

こんばんは。
皆さん人に頼ってばかりいませんか。
私は今現在大学生ですが、人に頼ってばっかりです。
そのことによる失敗談を話していきたいと思います。








人に頼ってばかりだと実力がつかない
人に頼るということは、途中で問題を放棄すると言うことです。
自分でやりきらなければいけない事をほかの人にやってもらうということは、自分を馬鹿にすることと一緒です。
特に、提出課題や、宿題を友達に見せてもらうのはやめましょう。
自分の問題解決能力まで落ちます。




マニュアル人間になってしまう
これは現在の若者にもつながると思うのですが、友達や他人任せにしていると臨機応変に動けません。
解けない難題を途中で放り出して助けを求めるような人は、新しいアイディアが出せません。
新しいアイディアや解決の糸口が見出せないような人間にでは、仕事も上手くいきません。




マニュアル人間にならない為に
人に答えを聞くのではなくて、まず自分で答えを出してみよう。
また、人を当てにするのはやめましょう。
今求められている人材は、自分の頭で考えられる人です。
自分の成長の為にも、答えの丸暗記・マニュアル道理の回答はやめておくように努力しましょう。


この記事は私自身に言い聞かせたものでもあります。
私自身頭が固くて、暗記型の人間なので…
スポンサーリンク

0 件のコメント :

コメントを投稿